2001年から「町家助産院」として活動していました本サイトは、2018年に「ダイバーシティ町家」として再スタートしました。妊娠・出産、子育てに加え、性を含めた多様な在り様や生き方をする人が「じぶんの町で暮らし続けられる」包括的ケアに関する研究や活動を、今後も続けてまいります。 「町家」の由来は、大自然でも大都会でもない、それぞれが暮らす自分の町でいろんな生き方ができたらいいな、の願いをこめて。藤井ひろみ

新着ブログ記事